ホーム > 事業内容 > アフィリエイトメディア運営事業

アフィリエイトメディア運営事業

アフィリエイトとは?

アフィリエイトとは、アフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)を介して、WEBサイトやメールマガジン(アフィリエイトメディア)から広告主サイト(企業サイト)へリンクを張り、ユーザーがそのリンクを経由して広告主のサイトで会員登録したり商品を購入したりすると、リンク元サイトの運営者に報酬が支払われるという仕組みです。

アフィリエイト市場への参入

アフィリエイトは手軽に始められる反面、成果報酬広告であるため、広告主にとって見込み客であるユーザーを集客・誘導し、申込や購入に繋げなければこちら側にも売り上げが発生しません。
なので、副業感覚で始められる新規参入者も多いのですが、なかなか成果が上がらず撤退者が多い市場でもあります。

そんな中、ウェブエッセンスは2009年からアフィリエイトメディアの運営を開始し、常に売り上げを伸ばしてきました。(2018年現在も売り上げを伸ばしております)
また、あらゆるジャンルで多数のWEBメディア媒体も保有しています。

アフィリエイトメディア運営で身につけた集客力

アフィリエイトメディアの主な集客経路は、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンです。
つまり、検索エンジンの検索結果上位に表示させるSEOやSEMは必須のスキルとなります。

ウェブエッセンスでは、アフィリエイトメディアを運営していく中でSEO・SEMのスキルを身につけることができ、あらゆるキーワードで上位表示を達成。
圧倒的な集客数を実現しました。

アフィリエイトメディア運営で得られた大切な思考

アフィリエイトは成果報酬広告。
つまり、検索エンジンから大量のアクセスを集めて誘導したユーザーでも、広告主のサイトで申込や購入などのアクションを起こしてくれない限り、こちら側に報酬が一切発生しません。

そこで、どうやったら売り上げに繋げることができるのか?という事を常に考えなければいけません。

  • この商品を買いたい人は、どんな人なのか?
  • この商品を買う人は、どんな悩みを抱えているのか?
  • こんな悩みを抱えている人は、どうゆうキーワードを検索窓に打ち込むのか?
  • このキーワードを検索する人は、どんな気持ち・状況なのだろうか?
  • この商品を買う人は、商品のどこに魅力を感じて購入するのか?
  • この商品でなければいけない理由は何か?

このようにユーザーの悩み・気持ち・状況を考え抜き、リサーチすることで、キーワード選定や導線を考えた(ユーザーが迷わない)サイト構成、コンバージョンを最大限に引き上げるコンテンツ設計などの販売力というエッセンスを身に付け、その後のアフィリエイトメディアの売り上げを驚くほど伸ばすことに成功しました。

アフィリエイトメディア運営の経験を基に

このように、自社でアフィリエイトメディアを運営し、常にユーザーの気持ちを考えることによって、ビジネスにとって最大のエッセンスとも言える販売力が養われました。

WEBコンサルティングやSEO・SEM、ホームページ制作・リニューアル事業には、このエッセンスを最大限に活かしたご提案をしています。